暮らしを活かす それは、住まいが「豊かな暮らしを活かす場所」になることで、そこに暮らす家族が幸せになることを目的とした器づくりとライフスタイルの実現です。「安心できる」「快適である」「自由である」「ほどよく便利」を基本ベースに、こころが豊かになる住まいと暮らしをご提供することで、穏やかで矢後やかな住環境と住空間を手にして頂くことを願っております。


素材を活かす 間取りを活かす 自然を活かす 仕掛けを活かす 場を活かす 五感を活かす
『暮らしを活かす』は『素材を活かす』から
「素材」を選んでハートを活かします

人間は感情の動物であり、感情ごとに行動が違うとか。例えば住まいの中での感情と行動の関係を見ると、なんと面白い傾向が見つかりました。
●悲しいときには、天井を見つめる
●怒ったときには、壁にあたる
●楽しいときには、床の上を転がる
●寂しいときには、柱に寄り添う
いかがですか。でもこのように感情が不安定な時、見つめたり、あたったり、転がったり、寄り添ったりする住まいの建材が嫌な臭いの出る化学的なものだったら、

果たしてこんな行動におよぶでしょうか?
でも素材が自然のものなら、素直に人間らしい行動に移せると思われませんか。

和ごころ工房で使っている建材は自然素材から選んでいます。柱には「無垢の木」を、壁は「塗り壁」を、そして床材はもちろん「無垢のフローリング材」です。自然素材は室内の空気環境を良くすることはもちろん、CO2や嫌な臭いを吸収・吸着してくれ、ぜひ多用したい素材です。


「木」を選ぶ

世界最古の木造建築で知られる奈良・法隆寺は、建てられてから約1300年余が経過していると言われていますが、木造の材質は「檜」で、地震・災害・風雨に耐える強度を備えています。
さらに「檜」は住まいや暮らしの材料として乾燥性に優れ、日本の高温多湿の気候・風土に最適で、さらに樹木から分泌されるフィトンチッドという成分は、抗菌・防虫・消臭効果を発揮。
人間の心身のリフレッシュにもたいへん効果的な優れた素材です。

和ごころ工房では「檜」を多用し、住まいを長持ちさせることはもちろん、暮らしの中で家族全員に健康的なエッセンスを放ってくれる健康増進配慮で、子どものすこやかな成長をサポートしてくれます。



「壁材」を選ぶ

「シックハウス症候群」という言葉を耳にされ、知識としてご存知の方も多いことでしょう。この原因物質の一つにホルムアルデヒドがあり、それらが原因で、せっかく新築しても目、鼻、のどの刺激症状、粘膜の乾燥、皮膚の紅紋、湿疹、頭痛、めまい、吐き気等、さまざまな反応症状に悩まされている居住者もおられます。
国では建材に含まれるホルムアルデヒドを制限し使用箇所を指定することで、「シックハウス症候群」を未然に防ぐ対策を講じていますが、もっと積極的に

.曠襯爛▲襯妊劵匹魎泙泙覆し材を使う、△燭箸┣閥颪覆匹ら放出されても内装材などで吸収するなどの安全対策を第一に仕様を決めています。
そのためにまず、室内空間で多くの面積を取る壁には、通気性に優れた天然のホタテ貝殻や籾殻を素材とした内装材を吟味厳選。有害化学物質から家庭特有の生活臭などを吸収・分解、消臭し、いつも衛生的でクリーンな居住空間づくりで、小さなお子様にも安全で安心な住環境を実現しています。



  このページのトップへ戻る 「間取りを活かす」を見る