家づくりレシピ お客様の暮らし方やこだわりを伺いながら、お客様だけの特別なプランに。和ごころ工房の「ステップアップ・コミュニケーション」をご紹介しましょう。

儀てる前に「納得」 況てている時に「安心」 祁てたあとに暮らしが「満足」

況てている時に「安心」  着工からお引渡しまで

お客様の住まいづくりの現場をしっかり管理し、工程を遵守することで、お客様に工事中の「安心」をお約束しています。
特にお客様に知っていただきたい和ごころ工房ならではの「安心」の仕組み、実績、お約束をご紹介いたします。


1 工事中の検査で安心 2工事の記録が残り安心 3 近隣への気配りで安心 4 確かな現場管理で安心 5 豊富な実績と経験で安心 6安全対策システムで安心
第3者機関による工事の定期検査で安心(検査期間:ハウスGメン)

住宅瑕疵担保保険により、専門検査機関ハウスGメンが2回の現場検査を行い、適正な工事が行われているかをチェックします。
第1回目は「基礎配筋工事完了時」。第2回目は「屋根工事完了時から内装下地張り直前の工事完了時までの間」。
地震に強く、丈夫で長持ちする住まいづくりのために専門家のチェックが2回もあり、たいへん安心です。


2 建築後は見えなくなる床下や壁の中まで写真に残るから安心

和ごころ工房では基礎や土台、構造、木工事、設備・電気の工事など、着工から完成までの主要な施工場面を写真に納め、工程ごとに確実な施工を写真でも再確認し、すべての写真をデータとして長く保存しています。
これらのデータは、後々のメンテナンスやリフォームを的確にスムーズに行うためにも大いに役立つ現場データです。




ご近所へのコミュニケーションも欠かさず安心

お客様には施工中はもとより末永く近隣の皆様と仲良く地域のコミュニティをおつくりいただきたいと願い、建築を始める前から完成までの期間、近隣の皆様へのコミュニケーション活動を積極的に行っています。
建築施工前に近隣へご挨拶、そして基礎、構造を経て完成に至るまで、主要な段階で近隣へのご挨拶を行うとともに、近隣の皆様にもこの建築施工を通じて家づくりに関する知識や情報を共有していただける機会もご提供し、相互交流のある現場づくりを目指しています。


4 しっかりと安全教育を受けた現場監督と自社大工なので施工中も安心

建築現場にはさまざまなプロセスに応じて、いろいろな職種の専門会社や職人が出入りいたしますので、工事の進捗に関する工程管理と、建築施工に携わる関係者の人的な管理とが大変重要になってきます。
和ごころ工房では総合建設業として培った安全教育を住宅建築現場にも導入。さらに自社の大工による施工と管理とのスムーズな連係プレーにより確かで安全な現場管理に努めています。


5 地域に根ざした、歴史と実績のある建設会社なので安心

和ごころ工房は、皆様の地域のインフラづくりで実績と経験のある大栄建設株式会社の住宅事業部門です。
これまでに培ってきた土木、学校や店舗などの一般建設、ホテル、マンションから戸建住宅までの総合力を結集して、皆様の家づくりを担っております。


一般建築 社会福祉法人つくし工房 医療法人高田西城病院 特別養護老人ホーム新光園 産婦人科大島クリニック 廻鮮富寿し[上越中央店]
土木工事 長野新幹線高架橋 青田川河川再生事業工事 市道歩道新設工事
6社内検査と現場安全パトロールが徹底されているので安心

総合建設業である大栄建設には、現在まで築き上げてきた各種の安全対策システムを完備しています。それらの中から実績が確かな、家づくりに適した安全対策を選び、皆様の家づくりの現場に活用しています。
特に大栄建設ならではのものとして、公共建築物についての厳しい基準から生まれた「社内検査」と「現場安全パトロール」には定評があります。



建てる前に「納得」を見る このページのトップへ戻る 建てたあとに暮らしが「満足」を見る